求人・採用は動画の時代へ「西三河・知多半島エリア」動画制作会社

記事検索

スタッフブログ 動画ブログ

動画制作で会社をつくる話

投稿日:

数年前まで
動画制作で会社を経営できるなんて思ってもなかった

ある時、知人に誘われて
サラリーマンを辞めたのは5年前かな
初めてジェットコースターに乗るくらい怖かったな

そのとき、動画制作のキャリアは15年くらいだった
勤務していたホテルでは 僕の動画は好評だったけれど
ホテルを出たときに、どれだけ世間に受け入れてもらえるのかは不安だった

不安のなか、唯一の光があった
それは僕が独立を決めた理由のひとつでもある

独立前 僕は有名ホテルの映像責任者をしていて
立場上 たくさんのカメラマンとも面接をした

「テレビ業界で活躍してました」とか
「〇〇の映画に関わってました」とか
有名な看板を背負ってくる人が多かったんだけど
いざ仕事を任せてみると たいしたことなかったんだよね

それであるとき思ったんだ
僕はもっと上手になりたいのに
この環境にいたら 自分より下手な人への指導しかできないじゃないか!!

そうして自分のチカラを試したい気持ちと
新しい技術を学びたい想いで独立した
もともと技術には自信があったから
失敗しても いつでもサラリーマンに戻れるとは思ってたけどね

独立してからは目まぐるしい毎日だった
業界の人もそうだけど どちらかといえば
異業種からの刺激がホントにすごかった

今、僕が目指してる経営の理想形は
製造業や福祉事業所をモデルにしている

お金や時間に対する価値観が変わると
生き方が変わり 出会う人も変わる

2019年の暮れに
来年から3年間は「死ぬほど」がんばると決めた
ぜんぜん「死ぬほど」まではできてないけどね
「がんばる」って気持ちだけじゃダメだから 具体的な行動も決めた
まず、基本となる仕事の量と価値を増やす
次に、時間が許す限り誰かと会って気付きを増やす
余裕があれば(移動時間とか)学びを増やす

これを実行していくと すぐに分かるんだけど
とにかく時間が足りない
でも時間を作らないと目標が達成できない
(「いそがしい」と「がんばる」は全然ちがう)

ああそうか
誰かを雇用して仕事を手伝ってもらわないと時間がつくれないんだ
固定費が不安だけど
1人で1000万もらうより4人で5000万を分けるほうが かんたんで楽しそうだ

というわけで
2020年はスタジオ&動画教室オープン
2021年は法人化&正規雇用3名&安城事務所オープン
※年末にはNPOも認証される予定
毎日、ずっと走っている感じがある
でも、たのしいよ

体力使い切って 床で寝ちゃったり
お金の計算してたら 不安にのまれて寝れなかったりするけど

ホントにがんばってる人や頭のいい人が多すぎて
毎日が刺激的で それはもう たのしい

これ、なんのブログがよく分からないけど
たぶん自分で頭を整理したんかっだろうな

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・・。・。・・。・

記.フィルムガーデン杉浦(動画制作)

[知多半島スタジオ] 知多半島の大府市にある動画スタジオ
名古屋駅から13分!!JR共和駅ちかく
愛知県大府市共栄町9丁目11-7
[三河オフィス] JR安城駅から徒歩10分
愛知県安城市御幸本町11−27
[連絡先] 0562-57-4409
info@filmgarden.jp

記事検索

-スタッフブログ, 動画ブログ
-, , , , , , , ,

Copyright© FilmGarden , 2021 All Rights Reserved.